I decide who I am!!

I decide who I am!!

教室に来られた方は、ご存じかと思いますが、わたしは Queen🇬🇧 の大ファンです。

教室にあるガラス製の飾り棚には、Queen のフィギュアを飾り、勝手に祭壇と呼んでいます。

映画 Bohemian Rhapsody は、映画館に10回観にいきました。

その後、DVDで観た回数はcountless!!

待ちきれず、アメリカのAmazonからBlu-rayを取り寄せ

日本版はデラックス版を購入

映画があまりに好きすぎて、スクリプトを丸写ししはじめたほど。

(これは、忙しさのあまり、止まってしまいましたが…)

お気に入りのセリフもたくさん。

今日はそのうちの一つを紹介します。

Freddieがメンバーに自分がAIDSであることを告げるシーン。

‘I decide who I am. I’m going to be what I was born to be: a performer, who gives the people what they want.’

(俺が何者かは、自分が決める。俺はなるべくして生まれてきたものになる。

パフォーマー、それは皆が欲しているものを与える人。)

「自分の生き方は自分で決める」-この言葉の中にあるのは、自信と自由、そしてそれに伴う責任。

わたしたちももっと求めていいいと思います。

自分が自分らしくあるために。

過去を振り返るより、前を向いていきましょう!

’No looking back. Only forward.’

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket
Share on linkedin
Share on pinterest

最近の投稿

お気軽にお問い合わせください。090-6841-4409受付時間 9:00-21:00

お問い合わせ