Let it be.

Let it be.

わたしは歌うことが大好き。

最近では英語の練習も兼ねて、洋楽中心に歌っています。←かなり偏りあり😆

また、最近ではFacebookの

「洋楽で楽しみながらマスターする英語の発音くらぶ」

というグループに参加し、メンバーのみなさんと洋楽と英語の発音を楽しんでいます。

管理人の平松里英さんは、イギリス在住の会議通訳者であり、発音改善コンサルタント。

ひと言ひと言というより、一音一音にまでこだわる里英さん、超かっこいいです♪(勝手に仲良し😆)

その里英さんのFacebookライブのそれぞれが参加するという形で、毎回のセミナーは行われています。

今月の曲は、The Beatles の 「Let It Be」

「れりびぃ、れりびぃー」でおなじみのあの名曲

わたしも完コピ目指して、毎回参加しています。

今までセミナーは2回あったのですが、そのなかでわたしが思ったことを少し…

わたし、少し前までは歌詞の中の ‘Mother Mary’を勝手にマリア様だと思い込んでいました。

実は Paulのお母さんのことだったとは。

Paulが辛く落ち込んでいる時に、お母さんが夢に出てきて、言ってくれたことばが、

‘Let it be.’

だと。

全てがなすがままに、なるようにしかならないという意味。

’’be’ は、ある、いる、存在するというイメージです。

苦しい時や、辛い時こそ、じっと待てば、ただ時が解決してくる…

わたし自身、20代の頃ですが、どうにもならない焦りと、苦しさで精神的に辛い時期がありました。

そんな時にいつもそばにいてくれたのは母。

「がんばれ」ということばすら不必要だとわかっていたのか、母は決してわたしを叱咤激励することはありませんでした。

ただそばにいるだけの存在。

そんなことを思い出しながらこの歌を歌うと、この歌詞の意味がすうぅと入ってきて、感情を込めて歌えることに気がつきました。

Let it be.

もしかすると、これほどまでにポジティブなことばはないのかもしてません。

数十年後の今、わたし自身がこうして笑っていられるのだから

It’s gonna be OK. Just let it be.

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket
Share on linkedin
Share on pinterest

最近の投稿

お気軽にお問い合わせください。090-6841-4409受付時間 9:00-21:00

お問い合わせ